代表ご挨拶

 平素は格別の御引立てを賜り、心より御礼申し上げます。
日本とCIS各国の交流の歴史は長く、その関係は日本と容易に切り離せるものではありません。今日の戦時下においては、ますますCIS各国との関係に敏感にならざるを得ません。

 私の祖父池田慶四郎は、戦前戦中、銀座の教文館ビルにてドイツ事情を日本に紹介する出版社「日獨旬刊社」を経営し、ドイツとの互恵的関係の拡大に従事しておりました。また、大正時代に新聞記者をしていた大伯父、池田林儀は大隈重信候の番記者をしておりました。大隈候の後援でドイツに国費留学し、読売報知新聞社ベルリン支局で特派員をしたのち、朝鮮半島で伊藤博文の創設した新聞社「京城日報」で副社長兼編集局長として経営にあたっておりました。折しも、1925年(大正14年)1月20日、日本とソビエト連邦の間で「日ソ基本条約(北京条約)」が締結、2月25日に批准されました。林儀はその日ソ国交回復第一信を報道するため、モスクワに特派されました。当時には珍しく、林儀はドイツ語に加え、ロシア語を解する人物でございました。

 私自身も、中学生の頃にロシア文学に親しみ始め、大学ではロシア文学を専攻しておりました。卒業後は、ロシア国営ラジオ放送局「ロシアの声」ハバロフスク支局で、日本語放送アナウンサー、特等翻訳官として勤務しておりました。以後、政治、農業、プラント、司法、スポーツ・文化交流等の分野でCIS各国と関わって参りました。

 20年が過ぎ、さまざまな状況の変化に伴いまして、2018年に株式会社日露サービスとして、ビジネスコーディネート、ロシア語圏との交流プロジェクト立案と実施、通訳翻訳等、ロシア語圏諸国との交流活性化を支援する組織となりました。オフィスは東京都板橋区にございます。また、2023年には、弊社がスポンサードしております「ウクライナ避難民の方によるウクライナ家庭料理教室」に対し、板橋区より区民文化奨励賞を頂戴し、深い感謝と同時に身の引き締まる思いでおります。

 今後とも皆様の一層の御支援、御指導賜ります様、宜しく御願い申し上げます。

代表取締役社長
東京商工会議所会員
NPO法人日ロ交流協会常任理事
野口 久美子

経営理念 ・日本と旧ソ連各国等(ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・カザフスタン・ウズベキスタン・キルギス・タジキスタン・トルクメニスタン・アゼルバイジャン・アルメニア・ジョージア)とのビジネス交流の強化
・世界における日本の更なる地位向上
略歴
学歴
仙台白百合学園高等学校卒業
早稲田大学 第一文学部 露文専修卒業
東北大学 国際文化研究科 多元言語文化社会論講座退学
職歴
ロシア国営公社ロシアの声ハバロフスク支局日本課特等翻訳員・日本語アナウンサー
在ロシア日本大使館建設プロジェクトスタッフ
法務省職員
千葉大学環境健康フィールド科学センター特任研究員(2017)
専門分野 農業 工業 司法 ビジネス 建設 スポーツ 芸術 芸能
旧ソ連圏プロジェクトのコンサルティング・コーディネート
JAF日本アームレスリング連盟国際渉外
AAFアジアアームレスリング連盟公式通訳翻訳者(2023)

 

ページの先頭へ