お知らせ news

エトロフ♥ストロベリー«Fragaria iturupensis»

2021年11月24日

ロシアでいちごを栽培している、という話をすると、大概の日本人には「あんな寒いロシアでいちごが育つんですか」と怪訝そうな顔をされます。いちごはもともと低温期間での休眠が必要な、寒さに強い植物ですし、2019年のロシアの年間いちご生産量は、日本のそれを越えています。
 
北方領土・択捉島にはいちごのゲノム研究上、大変珍しい野生のいちごが生息しています。学名はFragaria iturupensis。”iturup”は択捉のロシア語読みです。さしずめ、エトロフ・ストロベリーでしょうか。この種の染色体は56本(8倍体)ですが、アメリカ大陸以外で発見された唯一の8倍体の野生のいちごと考えられています。択捉島の阿登佐岳(あとさだけ)の東斜面標高600メートルの辺りに生息しています。阿登佐岳はロシア語ではAtsonupuriと呼ばれている火山です。
 
1973年、世界で初めてドイツの植物学者Staudtがこのいちごについて学術発表をしました。その後、2003年8月、ロシアのSabitovとアメリカのHummerがさらに現地調査を行い、その存在を阿登佐岳で確認しました。彼らの研究では、1929年、Fragaria iturupensisはすでに日本人によって標本が作られていたことに言及しているのは、日本人として大変興味深いポイントです。
 
荒涼とした石と砂地に育つこのいちごは、1.5cm程度の可愛らしい丸い姿をしています。その控えめな姿とは裏腹に、唯一のアジア原産の8倍体の野生のいちごという重要な意味を持っています。
 
1929年に日本人が標本にし、2003年にロシア人が存在を確認しているFragaria iturupensis、日露交流史のユニークな果実でしょう。苗が手に入れば、弊社の温室でも栽培したい所ですが、温室でぬくぬく育つより、火山の石と砂地を愛する逞しい種のようです。
 
ロシア極東でいちごを栽培し、北方領土を訪れたことのある日本人としては、いつの日か調査チームを結成し、見に行きたい種のひとつです。そしてその頃、択捉島をとりまく政治的環境はどうなっているのでしょうか。

ページの先頭へ