お知らせ news

寄稿 御卒業おめでとうございます

2021年2月26日

仙台白百合学園が発行されている「学園報102号」(令和3年3月1日発行2500部)に近況について寄稿させて頂きました。

 

仙台白百合学園高校は、私の母校で、高校の3年間御世話になりました。フランスの「シャルトル聖パウロ修道女会」の伝道活動に端を発した教育機関で、明治26年(1893年)に私立仙台女学校として開学しました。カトリックの思想に触れ、困っている他者のために手を差し伸べることを学んだ時間は、大変懐かしく、尊いものでした。宗派は異なれど、ロシアや欧州の文学や歴史を深く理解するためには、キリスト教の思想と聖書の理解は大きなファクターであり、その後の私の人生の礎となる知識を授けて頂けたと確信しております。カトリック信者の洗礼を受ける事はありませんでしたが、今でも幸福な少女時代の思い出の一部に、学園生活が刻まれています。

 
卒業生の皆様、改めまして御卒業おめでとうございます。世界がかくも恐ろしい疫病に苛まれることを、誰も想像することが出来ませんでした。同様に、まだ私達が想像しえない回復の希望が未来に待っているはずです。私達は、必ずそこにたどり着けることを確信しております。若い皆様の新しい日々が、かけがえのない素晴らしい時間になることを、遠くで祈念しております。
 
株式会社日露サービス
代表取締役社長
野口 久美子

ページの先頭へ