お知らせ news

葉山のデニーズ?

2015年12月28日

 

今月は、都内で国際的なサッカー大会が2週間近くにわたり、開催されておりました。役員のお一人がロシアの方で、7年ぶりに再会!奥様もお元気でご一緒。フルアテンドしておりました。

ロシアの方のリクエストに「海が見たい」「海辺で遊びたい」というものがよくございます。もちろん、今回も海が御所望。困ったなあ、そもそも車も運転できないわたくし、ドライブで海に行くなんて、大学生以来…。海はそりゃあ好きだけど…。

しかし!一緒に同行してくださった某社ハイヤーのドライバーA氏。この方はスーパー・ナビゲーターでした。

「野口さん、葉山と三崎港なんていかがです?葉山のデニーズでお茶しましょう!」

葉山。我が国のインペリアル・ファミリーの別荘があるような場所じゃない。しかもデニーズ?ファミレスだよね?なんで?

「行けば判りますけど、とにかくいいとこなんですよ!」

果たして、我々がたどり着いた「葉山のデニーズ」は、「スペインの海辺のカフェ」(行ったことないですよ?スペイン…)!白い壁とオレンジのパラソルが並ぶテラスからは、ブルーグレーの12月の海が広がっています。遠く、白い灯台が波に洗われ、かもめたちの高い声がこだまします。頬を打つ冬の風の寒さと、輝く太陽の光のぬくもり。普通のコーヒーが、すでに希少な豆でいれられた特別なコーヒーみたいな味がする。水面にたゆたうサーファーの女性が、テラスで彼女を打ち眺める中年の夫婦に手を振っていて。冬の海の楽しみが全部詰まった風景でした。

「Aさん、凄いね!」「でしょ?僕の言ったとおりでしょ?昔、彼女と来たんです。懐かしいな」

もちろん、お客様も大喜び。最後までこの海のことを繰り返しお話されていました。

通訳だコーディネイターだと言っても、一人では良い仕事は出来ません。様々な方々のお気遣いや御経験に支えられ、その瞬間瞬間が充実します。ありきたりの感謝では足りないような、そんな瞬間が時々あるのも、この仕事の楽しみの一つです。

Aさん、どうも有り難う御座いました。

ページの先頭へ